社労士 難易度

総務・人事課への就職にも有利な試験★

 

社労士は企業で働く人に対して健全に働くことができるよう様々な仕組みを整える重要な役割を担っており、非常に重要な存在です。

 

 

経営者の多くは自らの利益を追求しようと考えるものであるため、効率的に多くの社員を勤務させようとすることが多いのですが、これだけでは労働者の安全衛生を確実に守ることができません。

 

 

労働基準法はこの最低限の労働者の安全衛生を守るために施行されていますが、企業の経営状態やその他の労働環境に応じて、これに準じた仕組みを整えるために経営者にアドバイスをする重要な役割を担っています。

 

 

社労士は様々な法律に関する知識を有しているだけではなく、実際の労働環境に照らしてその改善点を経営者にアドバイスしたり、また状況に応じて様々な対策を実現することが必要です。

 

 

そのため、これらの知識を十分に習得していなければならず、逆に優秀な社労士ほど企業では頼りになると良い待遇で迎えられることが多くなっています。

 

 

フォーサイトでは優秀な社労士を要請するために通信講座を開設しており、多くの優秀な社労士を輩出しているのが特徴です。

 

 

豊富な知識を必要とするためその試験の難易度は非常に高く、合格率も低いものとなっていますがその中で、フォーサイトの通信講座の受講者は非常に高い合格率を誇っているのがポイントです。

 

 

>>フォーサイト 社労士公式サイトはこちら<<



 


 

▲上へ戻る